健康のカギは肝臓にある?

病気の予防

近年、脳梗塞を始めとする血栓や、動脈硬化によって引き起こされる病気が増えています。普段の食生活が大きく関わっており、油分の摂り過ぎなどが原因として挙げられます。

もっと読む

活性酸素を除去

水素水とは水素分子を含んだ水のことを言います。水素は体内の活性酸素を除去する働きがあり注目されています。人体に様々な悪影響をおこすとされており、ほとんどの病気の原因に関係しているといわれています。

もっと読む

沈黙の臓器

自覚症状が無いからと言って

笑顔

肝臓は沈黙の臓器と言われています。何かしらの症状があっても、自覚症状が出にくいのです。ですから、症状が出たときには手遅れと言うこともあります。定期的な検査が必要なのは言うまでもありません。 しかし、検査をして肝臓の数値が高かったにもかかわらず、自覚症状が無いと言うことで放置する人もいます。数値が正常でないと言うことは、肝臓に何かしらの症状があると考えましょう。しっかり検査することが重要です。 自覚症状現われにくいと言っても、よく注意してみると、自覚症状に気づくことがあります。一番分かりやすいのは黄疸でしょう。白目の部分が黄色くなっていたら肝機能が低下している可能性が高いので、注意した方がいいです。

アルコールが深く関係している

肝臓の数値が高くなる原因は色々ありますが、アルコールが関係していることが多いです。また、中高年の方は肝機能がだんだん低下してくるので、数値に異常が出ることがよくあります。ですから、お酒好きの中高年の方はアルコールの摂取量を減らすようにしましょう。 休肝日と言う言葉を聞いたことがある人は多いと思います。アルコールを摂取しない日をつくろうと言うことですが、休肝日には肝臓の肝と言う字が入っています。アルコールが肝臓に与える影響は大きいと言うことが分かるでしょう。 もちろん、アルコールだけが悪いわけではありません。タバコや脂肪分の多い食べ物も肝臓に影響を与えます。ある程度の年齢になったら、規則正しい生活をしましょう。

ピックアップ

野菜を食べる

現代人は野菜不足です。忙しいからとファストフードで食事を済ませる人が多くなっています。野菜を食べることで補える栄養素が不足することで、様々な病気を引き起こします。

もっと読む

ナビゲーション