病気の予防

油分に気を配って食生活をおくりましょう

元気なおじいちゃん

近年は、脳梗塞を始めとする血栓や動脈硬化によって引き起こされる病気が増えています。こういった病気の場合には、普段の食生活が大きく関わっていることが多いのです。例えば、油分の摂り過ぎです。油分の中には特に動脈硬化の原因となる種類があるため、こういった油分を普段から避ける工夫を取り入れることが脳梗塞を予防するための鍵となるのです。フライなどの揚げ物は一時的な快楽を脳にもたらすため、好んで食べる方も多い食品と言えます。ですが、こういった揚げ物に使用されている油分は動脈硬化を引き起こしやすく、油自体がすでに酸化している場合が多いのです。従って、こういった食品を極力避ける工夫が、脳梗塞を始めとする病気を予防するために役立ちます。

体調別に油を使い分けるのが最近の健康法なのです

脳梗塞などの動脈硬化による病気を予防するために、現在行なわれているのが調理に利用する油を使い分ける方法です。従来のように一種類の油を使用するのではなく、体調によって複数の油を使い分ける方法がマスコミなどでも紹介されているのです。例えば脳梗塞を予防するためには、DHAやEPAといった青魚由来の油分を積極的に使用します。又、亜麻の種子からとれる亜麻仁油も有効です。心臓病を予防するためにはオリーブ油、肝臓機能を良くするためには胡麻油という風に抱えている問題によって油を使い分けることが、現在の健康トレンドなのです。最近では、比較的少量規格の油が数多く店頭に並ぶようになり、家庭に数種類の油を常備している方も増えているのです。